東京でお悩みにカウンセリングを行うサロンへの質問に回答します

東京でカウンセリングを行うリトリートサロン eclatに関するご質問と回答を掲載していますので、サロンをご利用したいとお考えの方はぜひご覧ください。癌をはじめとした病や心や体の問題に丁寧に対応しているサロンには、ご利用をお考えの方から相談方法や予約方法について等、様々な質問をいただいております。
東京でしっかりとカウンセリングや樽温浴を行いますので、心と体の健康についてのお悩みがございましたら、気兼ねなくお問い合わせください。

病院と何が違うの?

当サロンは医療機関ではありませんので、医師による医療行為(診断、投薬、保険点数診療)は行えません。カウンセラーは問題解決を導き出すための「効果的な対話」ができる専門家であり、問題の本質を探る「心の探検家」のようなものです。

他の人に知られたくないのですが・・・

キャリアコンサルタントには守秘義務がありますので、相談者の許可なく相談内容を第三者へ漏らすことは一切ありません。どうぞご安心してください。

着替えとかってどうするんですか?

御着替え等はこちらでご用意しておりますので、手ぶらでお越しください。

樽温浴とはどのようなものでしょうか?

樽温浴に使用されている樽は、50~60年もの間ウィスキーを貯蔵してきた「ホワイトオーク」と呼ばれる頑丈な樹木から作られています。
その樽の内部を十分に乾燥させた後、熟練の職人によって「チャーリング」(焼煙加工)と呼ばれる工程で樽内部の表面を炭化させ、入浴する際に遠赤外線効果が得られるとういう原理になっています。
樽内部の遠赤外線効果とよもぎなど8種類の漢方薬を煎じたスチームの熱で、体の内部からゆっくりと温められます。
体が温まることで血行がよくなり、体を構成する細胞に充分な酸素と栄養が供給され、老廃物や不要な水分も排出されます。また、熱を与えるとHSP(ヒートショックプロテイン)というたんぱく質が生成され、ダメージを受けた細胞や異常細胞などを修復してくれます。

がんと診断され気持ちが落ち込んでいます、どうしたらいいでしょうか。

がんはこころに大きなストレスをもたらし、今まで経験したことのないようなつらい状態になることもあります。例えば、気持ちが落ち込む、眠れない、病気のことが頭から離れない、悪いことばかり考えてしまうなどといった状態です。このような悩みをお持ちの場合には、まずは担当医や看護師へ相談してください。話をきいてもらうだけで、すっきりすることもあるでしょう。

 ただ、中には話すと涙がよく出たり、話していない時間は落ち着かない、眠れない、意欲がでないなどの症状が続く場合もあります。これは、心のバランスを保ちにくくなっている状態なのかもしれません。
なので、話をしながら自分や現実に向き合うことで、心に変化が起こるきっかけをつかめるようしっかりとカウンセリングを行ってまいります。

カウンセリングは何回受ければよいのでしょうか?どれくらいのペースで通うのですか?

カウンセリングの回数は、患者様によって、また、相談内容によって異なります。
数回で終了する方もいれば、長期にわたり相談に来られる方もいらっしゃいます。
カウンセリングのペースについても、1週間に1回、1ヶ月に1回など、患者様によってさまざまです。
開始当初は週1回、終了間近には数ヶ月に1回など、患者様の状況に応じて調整していくこともあります。
回数やペースは、患者様のご希望や状況を考慮しながら、相談して決めていきます。
いずれにしても、無理のないペースで取り組んでいくことが大切です。

カウンセリングを東京で受けたいとお考えでしたら、リトリートサロン eclatへのよくある質問に、 何をどうしていいかわからない、方向性が見出せない、いつも同じ悩みばかり抱えているという、初めてご利用される方のお役に立つ内容を多数掲載していますので、ぜひご覧ください。
卵巣がんをはじめとした癌患者の方の自然治癒力を高める樽温浴に強く、これまで多くの方に専門的な技術で支援を行い、親との関係によるもの、恋愛・パートナーとの関係などの人間関係や仕事でお悩みの皆様の心を軽くいたします。東京に根差してカウンセリングを行っているサロンによくある質問をご覧になり、掲載していない件でご不明な点がありましたら、お電話・メールにてお問い合わせを受け付けておりますので、リトリートサロン eclatへ気兼ねなくいつでもご連絡ください。